« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月27日 (金)

方言@関西

 とびしまさんの所を読んで、思い出したのが『神戸在住』 木村紺。関西圏のばり/ごっつの使い分けなどがテーマの回があって、関西に全く縁のない僕にはとても面白かったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャプテン城!

 予想できた事とはいえ城がキャプテンですよ。去年、FWながらチーム2位の10枚のイエローカードをもらい、そのうち4枚が異議という城ですよ。甲府戦で切れてしまい、審判の目の前で相手を蹴ってレッドカードをもらい、さらにぶち切れてそこらにあったドリンクボトルを蹴りまくって、サポのひんしゅく買いまくった城ですよ。

 責任を持たせる事によって、コントロールしてほしいという意図でしょうが、さて、ゾノ@アトランタ予選のように上手く行きますかね?

 ちなみに副キャプテンは山尾。去年のキャプテン・信義の立場はかなり危ういものになってますね。今年はよっぽど頑張らないと、ホントにやばいよ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安永

 やっぱり、偶然だったようです(^_^;。でも、ああいうところで強引に打つのが安永だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月26日 (木)

A3

 安永のあれは狙って打ったんですかね? ちゃんと意図して曲げたのなら神業だけどなあ…。ちょっと、まぐれくさいよね(^_^;。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年2月23日 (月)

MS杯決勝

 NECが優勝という事で予想はずれ~。狙ったところでは、ホントに強いですねえ、NEC。

 僕は、TV 観戦だったんですが、なぜかテレ朝の中継は4時から。5時過ぎには家を出ないと間に合わない約束があって、途中で切り上げて出かけようと思っていました。しかし、試合はどんどん面白くなる(^_^;。結局最後のスローフォワードまで見ちゃいました…。

 さて、今シーズンから始まったトップリーグですが、Jリーグにたとえてみると

Jリーグ優勝 : 横浜FM = トップリーグ優勝 : 神戸
ナビスコ優勝 : 浦和 = MS杯優勝 : NEC
天皇杯優勝 : 磐田 = 日本選手権優勝 : ?

 ってな感じですかねえ。だからなんだという事もないですが(^_^;。

 スポニチでは、この決勝を記念して「リコーと神戸の選手サイン入りXboxプレゼント」募集中。応募して、誰がどういう風にサインしてるか確かめたいと思いますが、あたらんだろうなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本選手権3回戦@秩父宮

 シーズンも終わりに近づいてきて、芝は大分ひどくなってました。天気は暑すぎず寒すぎずで絶好の昼寝日和(^_^;。なかなか面白いゲームだったので、寝る事はなかったのですが、ふわふわした気分で楽しんできました。

豊田自動織機 14-50 日本IBM

 トップリーグ昇格をきめたチームと降格が決まってしまったチームの差がそのまま出てしまった、という事かな。IBMの15番が素晴らしかった。10人(?)抜きでトライをきめたシーンは圧巻でした。

釜石シーウエイブス 13-14 関東学院大学

 力ずくでねじ伏せようとする釜石に対して粘りまくる関東。

 釜石はモールにしてもセンターのクラッシュにしても、力押しのプレーはかなりの威力でした。ただ、それを徹底できないんですよね。途中で、何か変わった事をしようとして、ミスや反則でターンオーバーを許すということが多すぎました。

 関東は自慢の1列が後半全く走れなくなるほど消耗を強いられていましたが、それでも集中力が切れないのがチャンピオンの強さなんでしょうねえ。それを支えていたのが田井中のキック。非常に正確で飛距離もあり、ターンオーバーからのタッチキックや、相手の反則をもらったとき、かなりの陣地を稼いでいました。

 ロースコアのまま後半30分を過ぎると、釜石は足が止まってしまい、特にSOが交代してからは全く攻め手が無くなり、防戦一方となってしまいました。しかし、関東も足が止まっているため、頼みの有賀にボールをつないでもサポートが薄く、密集でボールを奪われたり、反則を取られたりを繰り返してしまいました。

 さすがにここまでかなと思ったロスタイム。ループからヨコに流れた田井中がそのままスピードに乗ってDFを振り切ってトライ! この時点ではまだ関東の1点ビハインド。さらにキックは入れ頃はずし頃という微妙な位置でした。ただ、この日の田井中のキックは完璧。完全に思い通りに蹴れていたんじゃないかな。このときも全くプレッシャーを感じてないんじゃないかと思うほど自然にきめてしまいました。

 このとき、まだワンプレー分の時間が残っていたんですが、釜石の選手が何人も芝の上に崩れ落ちてしまいました。あわてて途中出場のアンガスが起こしに行きましたが、この時点で勝負ありましたね。アメフトのオンサイドキックのようなキックオフでボールを確保した釜石でしたが、その後のプレーであっさりノックオン。で、試合終了でした。

 試合後にアンガスが場内一周と胴上げ。長い間ありがとうございました。

20040221_angus.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月20日 (金)

風邪

 バカであることの数少ない利点は風邪をひかないですむ事。ここ数年、バカである事を最大限に活かして、何とか風邪をひかずにやってきました。が、久しぶりにひいちゃいました…。

 もともと鼻が悪いのですが、さらに悪化し、半日同じ所にいると、恐ろしいほどの使用済みティッシュが積み上がります。関節も痛くて普通に座ってられないし…。常にぼーっとしてる頭はさらにぼーっと。

 とても忙しい人が多い続FNUMBER。くれぐれもお体はお大事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月15日 (日)

パンターニ死去

 ただただ、びっくり…。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月12日 (木)

リンク

 ウェブログ流行りだからというわけでもないんでしょうけど、旧FNUMBERがらみの方々の日記も結構な数に。という事で日記への直接リンクを作ってみました。いえ、決して、毎日チェックするのにトップから行くと大変だからという、自分勝手な理由では……。こんなのは困るという方はご一報を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月11日 (水)

ジェフェルソン

 中島だけだとあれなので、横浜FC新入団選手シリーズその2。

20040211_jeferson.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中島崇典、横浜FC入団

 横浜FCに中島崇典選手が加入しました

20040211_nakajima.jpg

 手薄なサイドバックという事で期待大です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jリーグ、入れ替え制の詳細決定

 2005年からJ1が18チームになる事に伴って、J2の上位2チームが自動昇格、J1・16位のチームとJ2・3位のチームで入れ替え戦を行うことが決定したようです。

 これを聞いた川崎フロントは「3位で良いのなら石崎をクビにするんじゃなかったよ……」と愚痴ったとか、愚痴らなかったとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 8日 (日)

マイクロソフトカップ一回戦@秩父宮

NECグリーンロケッツ 32-5 サントリーサンゴリアス

 今シーズン初めて見たサントリーの走れなさにびっくりしました。前半の半ばには3つ連続でボールをだされると、NECの選手が2,3人は余ってる状態に…。密集に入ってる人数がそれほど多いわけでもないのにあれではきつい。確か、5,6年前のサントリーもそういう芸風だったと思いますが、あのときほどのコンタクトの強さも感じられませんでしたし、ちょっとどうしたんだろうと心配になりました。日本選手権では巻き返してくるかな?

 NECは快勝というより、もたついていたなあと印象があるくらい楽な展開。6番が目立ってましたが、NECは1列も3列もよく走るんで、かなり自由にやれてたんでしょうね。

ヤマハ発動機 10-39 東芝府中ブレイブルーパス

 最終的には差が開いてしまいましたが、ヤマハの健闘が目につきました。

 ヤマハはチームがずいぶん力を入れているらしく、まず、第2試合なのに、第1試合の前にスタジアムの前でたくさんの選手/関係者らしき人がパンフを配っていて驚きました。試合前には大きい旗を何本も掲げ、スタジアムの数カ所に声出し部隊を配置。一部にはJのジュビロサポも混じっていたのかな、試合中も非常にコールが多かったです。

 試合はしかける東芝に耐えるヤマハ。自陣の22mライン内側でのプレーが非常に多かったヤマハですが、とにかく耐える力はすごいですね。ただ、22m内側からでもタッチにださずに、相手に取らせるキックばかりを蹴っていたのは疑問でした。東芝のバックスのスピードが優っていたのと、キックのあとのプレッシャーが弱かったので、良いように振り回されてしまいました。あれは作戦ミスではなかったかなあ。後半のスタミナ切れもあれが効いていたように思います。

 4チームのなかでは東芝の勢いが段違いに感じられました。今、僕が賭けるなら2倍でも東芝かな(^_^;。

 あ、そうそう、今日はどこのチームも、スクラムの時に8がFLのジャージを持って後ろにぐっと引っ張り、組む瞬間にがっと押し込むというのをやっていたんですが、あれ流行なんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 7日 (土)

アルビレックス新潟、レンタル選手発表

 シンガポールリーグに参加するALBIREX NIIGATA・Sへレンタル移籍する選手が発表されました。尾崎と末岡はちょっと意外かな。

 当然といえば当然ですが、選手のコメントを読むと、微妙に後ろ向きというか、いやいやなのがにじみ出ているものが多い気がします(^_^;。とくに新井のコメントは、ちょっとパニックになってないか? と心配になるくらい。すこし前のオリンピック前に良くあったコメントみたいですよね。その中で、そつなくコメントをまとめているのが尾崎。やっぱり賢い選手なんだなあと改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年2月 6日 (金)

日本マクドナルドホールディングスのCEOに原田氏就任

 原田さんがアップルジャパンの社長を辞めると発表したときから、引き抜きだと言われていましたが、そうですか、マクドナルドですか。

 まあ、シャーロックという機能が売りだったOS9発売日に、ホームズの仮装をして秋葉に現れた人ですから、マックからマックへというシャレに人生をかけるのも悪くないよね(^_^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 5日 (木)

熊野地方を動画で紹介するサイト開設

 続FNUMBERの第二のふるさととも言われている熊野を動画で紹介する熊野流像というサイトが開設されました

 デジタル町おこしってことなんですかねえ? 1500万円の予算が下りたプロジェクトだそうですが、今のところそこまでのクオリティは感じられないかな。たとえば、ハッチョウトンボの動画はちょっと感動しました。しましたけど、どう見てもただの素人の投稿ビデオみたいなんだもん(^_^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近鉄、チームのネーミングライツ売却を白紙へ

 何やってんだかね…。買い手が現れない可能性は考えてたけど、まさかナベツネ対策すらできてなかったとはね…。

 さて、こうなるとまた身売り話が出てくるんでしょうけど、どうなることやら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなとみらい線

2004-02-04.jpg

 無くなる駅があればできる駅もあるわけで。横浜スタジアムに行くのが少し便利になりました。

 ちなみに大さん橋は Osambashi らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 4日 (水)

バロンが甲府復帰

 そうですかー。甲府ですかー。城と合わせるならバロンだろーなんて言ってたんですけどねー。甲府ですかー、小倉とバロンも合うでしょうねー。甲府も本気できてるなー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年2月 3日 (火)

山郷のぞみ、ハンブルガーSVに練習参加

 毎日の夕刊を読んでいたら、そんな記事が目につきました。たしか、とびしま君がご執心の選手ではなかったかな。女子サッカーはアメリカのリーグが無くなったりとなかなか厳しそうですが、「獲得の意志はないが、練習参加はOK」といわれても挑戦したとか。なかなか頼もしいですねえ。

 さて、この記事を読んで、長い間疑問に思っていた事が改めて思い出されました。「山郷」ってどう読むの(^_^;? 「やまごう」でいいのかなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 2日 (月)

スーパーボウル

 これで5年連続中継を見る前に結果を知ってしまいましたとさ。毎年結果を知らないように避けてるんだけど、上手く行かないんだよなあ。しょうがないんで、はらはらしないで落ち着いて中継を楽しみたいと思います(^_^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 1日 (日)

ラグビー@J SPORTS

 去年の12月のJ SPORTSへの問い合わせの43%がラグビーだったそうです。

 高校ラグビーといえばTBSという印象だったんですけど、地上波でやっていても敢えてCSで見る人が増えたんでしょうかねえ。大八木を避けた、という訳じゃないと思うんですけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »