« アルビレックス新潟、レンタル選手発表 | トップページ | Jリーグ、入れ替え制の詳細決定 »

2004年2月 8日 (日)

マイクロソフトカップ一回戦@秩父宮

NECグリーンロケッツ 32-5 サントリーサンゴリアス

 今シーズン初めて見たサントリーの走れなさにびっくりしました。前半の半ばには3つ連続でボールをだされると、NECの選手が2,3人は余ってる状態に…。密集に入ってる人数がそれほど多いわけでもないのにあれではきつい。確か、5,6年前のサントリーもそういう芸風だったと思いますが、あのときほどのコンタクトの強さも感じられませんでしたし、ちょっとどうしたんだろうと心配になりました。日本選手権では巻き返してくるかな?

 NECは快勝というより、もたついていたなあと印象があるくらい楽な展開。6番が目立ってましたが、NECは1列も3列もよく走るんで、かなり自由にやれてたんでしょうね。

ヤマハ発動機 10-39 東芝府中ブレイブルーパス

 最終的には差が開いてしまいましたが、ヤマハの健闘が目につきました。

 ヤマハはチームがずいぶん力を入れているらしく、まず、第2試合なのに、第1試合の前にスタジアムの前でたくさんの選手/関係者らしき人がパンフを配っていて驚きました。試合前には大きい旗を何本も掲げ、スタジアムの数カ所に声出し部隊を配置。一部にはJのジュビロサポも混じっていたのかな、試合中も非常にコールが多かったです。

 試合はしかける東芝に耐えるヤマハ。自陣の22mライン内側でのプレーが非常に多かったヤマハですが、とにかく耐える力はすごいですね。ただ、22m内側からでもタッチにださずに、相手に取らせるキックばかりを蹴っていたのは疑問でした。東芝のバックスのスピードが優っていたのと、キックのあとのプレッシャーが弱かったので、良いように振り回されてしまいました。あれは作戦ミスではなかったかなあ。後半のスタミナ切れもあれが効いていたように思います。

 4チームのなかでは東芝の勢いが段違いに感じられました。今、僕が賭けるなら2倍でも東芝かな(^_^;。

 あ、そうそう、今日はどこのチームも、スクラムの時に8がFLのジャージを持って後ろにぐっと引っ張り、組む瞬間にがっと押し込むというのをやっていたんですが、あれ流行なんですかね?

|

« アルビレックス新潟、レンタル選手発表 | トップページ | Jリーグ、入れ替え制の詳細決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16246/178447

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフトカップ一回戦@秩父宮:

« アルビレックス新潟、レンタル選手発表 | トップページ | Jリーグ、入れ替え制の詳細決定 »