« 早いもので | トップページ | 田臥、NBAデビュー »

2004年11月 4日 (木)

ナビスコカップ決勝

 盛り上がりましたねえ。テレビ観戦だったのですが、それでも夢中になって見てしまいました。

 試合中はFC東京側に感情移入しながら見ていたのですが(金沢が茂庭を抜き去ったエメルソンに追いついたシーンは鳥肌ものだった。実は浦和がゴールにもっとも近かった瞬間だったと思う)、試合後に印象に残ったのは、浦和の悪役ぶりでした。

 浦和はもともとアンチを呼び込みやすいチームだったとは思うんですが、いかんせんあまり強くなかった(^_^;。それが、今やリーグ戦ではぶっちぎりで首位、この試合でも3年連続決勝進出でディフェンディングチャンピオンでした。試合後の鈴木啓太のコメントなんかも含めて、非常に分かりやすく敵役を演じて見せた。これから浦和がビッグクラブとして認知されるとすれば、この試合は一つのトピックとして扱われるかもしれませんね。

 今年のチャンピオンシップは、軟派系のビッグクラブ候補Fマリノスと硬派系の浦和の争いになりそうで、未来のジャパンクラシコのハシリとなるのかも。

 でもやっぱり、この試合はFC東京のもの。初優勝おめでとうございます。

|

« 早いもので | トップページ | 田臥、NBAデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16246/1867620

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコカップ決勝:

« 早いもので | トップページ | 田臥、NBAデビュー »