« J1観戦強化キャンペーン実施中 | トップページ | 前園真聖引退 »

2005年5月17日 (火)

シンクロニシティ

 今にして思うとそれは昼に始まっていた。普段は読まないコミックバンチをぱらぱらとめくったときから。

 そしてそれは夜に起こった。家路の途中で。

 地元の人しか通らないであろう細い路地で、向こうから歩いてくる2人組。1人は半袖に短パンでやたらと声がでかい。その男は手足をさすりながら言う。

「これじゃちょっと寒いなあ」

 今日は天気こそ良かったが、気温は大して上がらなかったから、確かにそれじゃ寒かろう。別なことを考えならがも、ぼんやりそんな感想を持つ。いかにも体育会系な、その男のそばを通ったときにちらっと顔を見て気づく。あ、石毛じゃん。

 えええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!?

 石毛宏典だよ! びっくりだよ!

 なぜそんなに驚いたかというとですね、昼に読んだのは石毛が四国に独立リーグを作る物語だったんですよ。で、帰りに考えていたのは、まさにその四国の独立リーグのことだったんです。ちょっとタイミングがよすぎますよ。思わず二度見なんかしちゃって、石毛のお連れさんは明らかに気づかれて不快という表情でした(^_^;。

 そのまま、ただ通り過ぎたんですが、あとで「リーグ開幕おめでとうございます」くらい言えば良かった、とちょっと後悔。ここの方の気持ちがちょっと分かったような。いついかなる時も油断してはいけませんね(^_^;。

|

« J1観戦強化キャンペーン実施中 | トップページ | 前園真聖引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16246/4172013

この記事へのトラックバック一覧です: シンクロニシティ:

« J1観戦強化キャンペーン実施中 | トップページ | 前園真聖引退 »